ブログ

 

ドライマウス 今日からできるマッサージ

 

唾液の量が減り、口が乾くドライマウスの対処マッサージについてご紹介します。
唾液を作る唾液腺を刺激するマッサージです。気になる方は是非毎日の習慣に取り入れてみてください。

 

唾液腺はお口の中に3か所あります。
力を入れずに指で軽く圧迫するようにやさしく行いましょう。
①耳下腺(じかせん)
耳たぶのやや前方、上の奥歯のあたりのほほに人差し指をあて、指全体でやさしく押します。
酸っぱい食べ物を想像するとスーッと唾液が出てくるところです。
5~10回繰り返します。
②顎下腺(がっかせん)
あごの骨の内側の柔らかい部分です。指をあて、耳の下からあごの先までやさしく押します。5~10回繰り返します。
③舌下腺(ぜっかせん)
あごの先のとがった部分の内側舌の付け根にあります。下あごから舌を押し上げるように、両手の親指でグーっと押します。
5~10回繰り返します。

 

 

2015年11月27日 カテゴリ:歯の健康ブログ

残念なケース

 

 

もっと早く来ればよかったですね・・・

 

先日お会いした患者様がこのようにおっしゃいました。

 

患者様にとっても、私たちにとっても一番つらい瞬間です。

 

この時は

「この歯はもう残せませんよ。」そうお伝えしなければならなかったのです。

 

 

いつもいつも思うのですが

 

一番悔しいのが歯がぐらぐらしている状態で来院されるケースです。

 

ぶつけて、けがしてグラグラしたわけではありません。

 

歯周病が進行して骨の支えがなくなりぐらぐらしているケースです。

 

歯周病の多くは長年かけて進行します。

早く気が付いて治療を開始すればくい止められることがほとんどです。

 

定期的に検診を受けて、早期発見していれば残せたかもしれないケースは

本当に悔しいしできれば治療する側も抜きたくない。

 

私たちもさらに、今以上に歯周病の怖さを啓蒙していかなければならないと感じました。

2015年11月13日 カテゴリ:歯の健康ブログ

歯周病セルフチェック

現在、30歳以上の成人の約80%が歯周病にかかっており、歯の喪失原因の第1位になっています。

 

昔に比べ、虫歯の数は減少しているものの、歯周病の方の人数はなかなか減少していません。

 

なぜなのでしょうか・・・?

 

その原因の一つとして

 

歯周病は自分では気が付きにくい

 

というのがあります。

 

日ごろから、意識していれば

「そういえば・・・」と気が付くこともあるかと思いますので

 

セルフチェック項目をまとめてみました。

お時間のある時、気になる方は一度確認してみてください。

 

□歯ぐきがむずむずする

□はみがきをすると出血する

□朝起きた時に口の中がねばねばする

□歯と歯の間に隙間ができてきた

□歯が長くなったように感じる

□口臭が気になる

 

セルフチェックであてはまる項目がある方は、受診の際歯周病の検査を受けることをお勧めします。

 

歯周病は、重症化すると歯を残すのが難しくなります。

 

早めに見つけて、進行を食い止めることが歯の寿命を延ばすことにつながります。

 

なるべく長くご自身の歯で

お食事をしていただきたい、会話を楽しんでいただきたい。

 

と考えていますので、少しでも気になることがありましたらお気軽ご相談ください。

2015年11月7日 カテゴリ:歯の健康ブログ

歯周病と関係がある5つの病気

歯周病は菌によって引き起こされる歯の周りの炎症性疾患です。

 

この歯周病はお口の中だけの病気だととらえられがちですが、近年、歯周病の原因菌が全身にもたらす影響、また全身の状態が歯周組織に与える影響もわかってきました。

主に、影響がある全身疾患を5つにまとめてみました。

 

1.糖尿病と歯周病

歯周病は以前から、糖尿病の合併症の一つと言われてきました。実際、糖尿病の人はそうでない人に比べて歯周病にかかっている人が多いという報告がされています。

さらに最近、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになってきました。つまり、歯周病と糖尿病は、相互に悪影響を及ぼしあっていると考えられるようになってきたのです。

 

2.心疾患と歯周病

歯周病が原因で発生した炎症物質が血管内に侵入すると、動脈硬化を招き心筋梗塞や狭心症などを引き起こす原因になります。また、菌の侵入により細菌性心内膜炎になる場合もあります。口の中の歯周病菌の量を少ない状態にコントロールすることがとても大切です。

 

3.骨粗鬆症と歯周病

長年の生活習慣などが原因で引き起こされる骨粗鬆症は、歯周病の進行を助長することがあります。骨がもろくなりやすくなり歯周病の進行を早めると考えられています。

 

4.妊娠と歯周病

妊娠中の体内に歯周病菌が侵入すると早産のリスクが高くなり、結果低体重児出産が多くなるとの報告がされています。歯周病菌がへその緒と通じて胎児に影響するため妊娠中はもちろん、妊娠前から口の中の菌のコントロールが重要とされています。

5.肺炎と歯周病

高齢者の肺炎の70%が誤嚥性肺炎といわれています。誤嚥性肺炎とは、生理機能が低下し誤って食べ物などが肺に入った時に唾液などに含まれる菌が肺に入り、炎症を起こす病気です。

この誤嚥性肺炎は重篤になると死につながることもありますので、ゴックンとうまく飲み込む嚥下の訓練、お口の中の菌のコントロールの重要性が叫ばれています。

 

 

いずれの病気も、悪化を防ぐためには口の中の菌を増やさないようにすることが大切です。

 

日頃のプラークコントロールと、定期的な歯科医院での口腔ケアが健康を守ることにもつながります。

2015年10月21日 カテゴリ:歯の健康ブログ

果物は虫歯になりにくい?

「甘いものは虫歯になりやすいって言うけど、果物もだめなの?」

子育て中のお母さまからこのような質問を受けました。私はいつも

 

クッキーやチョコレートなどのおかしより虫歯になりにくいのでおすすめです。

 

とお答えしています。

甘みを感じる糖の中には『スクロース』『マルトース』『ラクトース』・・・様々ありますが、それぞれ特徴があります。

その中でも最も虫歯になりやすい糖は『スクロース(ショ糖)』です。

スクロース(ショ糖)=砂糖は歯を溶かす酸の生成を促し、虫歯の原因であるプラークを生成しするため最も虫歯になりやすい糖です。

 

一方、果物に多く含まれるフルクトースは、それ単独では虫歯の原因を作りにくい構造をしています。

また、果物は食べた後クッキーやチョコレートように歯にくっ付きにくいため虫歯になりにくいといえるのです。(その点バナナ、ドライフルーツはあまりお勧めできません)

 

毎日のおやつをクッキーから果物に変えるだけでも虫歯予防に効果的です。食べた後は歯を磨く習慣をつけることも忘れずに♪

2015年10月3日 カテゴリ:子供の虫歯予防, 歯の健康ブログ

1 2 3 4
初診予約・無料相談お問い合わせフォーム

このページの上に戻る

初診予約・無料相談予約・お問い合せフォーム

初診予約・無料相談予約・お問い合せフォーム

ベビーシッティングサービス

初診予約・無料相談予約・お問い合せフォーム

志津ココロ歯科・矯正歯科の診療表 休診日:火曜・祝日(土曜・日曜も夜8時まで診療)

当院はお待たせする時間をできるだけ少なくするため予約制とさせていただいております。お電話でご予約の上お越しください。尚、急患の方は随時受け付けております

診療内容診療内容

  • 虫歯治療
  • 歯周病
  • 矯正歯科
  • インプラント

アクセスマップアクセスマップ

志津ココロ歯科・矯正歯科の地図

大きい地図はこちら

志津ココロ歯科・矯正歯科のブログはこちらから

志津ココロ歯科・矯正歯科のfacebookページはこちらから

スタッフ募集

当院紹介動画当院紹介動画

シーンデンタルリサー