ブログ

 

ココロ歯科院長インタビュー

志津ココロ歯科副院長の天沼です。

先日商業誌に院長のインタビューが掲載されました。

より厳格な滅菌を可能にするため、院内消毒室を改装した際のインタビューです。

“院内感染”についての院長の思いが掲載されていますので一部掲載させて頂きます。

 

以下インタビュー掲載文より抜粋

 

近年、日本の歯科医療現場においても医療安全やリスクマネジメントに対する意識は高まりつつあります。

しかし、“感染”は目に見えないものであるため、それをリスクとしてとらえづらいことや診療報酬の問題など

さまざまな要因から日本ではまだまだ一般的な広がりを見せていないのも事実です。

中略

針刺し事故などからスタッフを守る意味においても、ICウォッシャーの導入は非常に大きかったと思っています。

それは針刺しのような小さな怪我から感染事故に繋がることもあるためです。

スタッフの安全の確保こそ感染管理の基本となると考えています。

心を込めた診療をカタチにするにはどうすればいいのか…。

患者さんの口の中に入り、患者さんの血液に曝される歯科器具だからこそ

世界的な水準に合わせたインフェクションコントロールの取り組みを

当院ではこれからも行っていきたいと考えています。

 

2016年11月13日 カテゴリ:スタッフ・院内紹介, 地域の方々と共に, 歯の健康ブログ

歯周病勉強会に参加してきました

志津ココロ歯科 副院長の天沼です。

今日は、東京医科歯科大学にて日本臨床歯周療法集談会の

第33回学術大会に参加してきました。

歯周治療のゴールとは?を議題に貴重なお話を聞くことができました。

 

歯周病は完治が難しい厄介な病気です。

・歯周病になるリスクを減らすこと(タバコ、お酒、血糖値の管理等・・・)

・原因となるバイオフィルムの定期的な除去(歯科医院での定期的は歯のクリーニング)

・原因となる菌叢を特定する(細菌検査を行う)

など、歯周病の基本治療の目的は徹底した原因の除去です。

 

病気とうまく付き合いながらなるべく長くご自身の歯でお食事やおしゃべりを

楽しんでいただければと考えています。

今日学んだことはスタッフ間で共有し、日々の臨床に生かしてまいりたいと思います。

2016年11月6日 カテゴリ:歯の健康ブログ

舌みがきで口臭を減らそう!

志津ココロ歯科 副院長の天沼です。

 

数ある口臭の原因の中で、1番多い原因は『舌の汚れ』です。

 

舌についた汚れはうがいだけではなかなか取れません。

 

舌の汚れを取る専用の補助器具で落とすことをお勧めしています。

 

舌は決して磨きすぎないでください

 

舌の表面は柔らかくブラシで磨くと細かい傷がつきやすく

 

傷がつくとそこにまた汚れがつきやすくなってしまいます。

 

できるだけ優しく磨いてください。

 

ココロ歯科ではブラシタイプのモノではなく、プラスチックタイプのクリーナーをお勧めしています。

image

2016年6月19日 カテゴリ:歯の健康ブログ

デンタルリンスの効果

志津ココロ歯科 副院長の天沼です。

 

「うがいの液(デンタルリンス)は使ったほうがいいですか?」

 

とご質問いただくことがあります。

 

市販の一般的なものの場合、歯の表面にへばりつく汚れの内部まで

 

この液が浸透していくことはありません。そのため液の効果を100%期待するのは難しいと考えています。

 

商品名に『液体ハミガキ』と記載されているものもあって、わかりにくいのですが

 

へばりついている汚れ(プラーク)はうがいをするだけでは取れないので

 

デンタルリンスにハミガキほどの効果は求められません。

 

では、デンタルリンスは意味ないのでしょうか…?

 

デンタルリンスには一部の細菌に対する殺菌効果があり50%〜90%の菌を殺菌する効力があります。

(殺菌効果はメーカーによって異なる)

 

しかし、菌は30分で2倍に増殖するため、90%の殺菌をされたとしても

 

2時間もしないうちに元の菌量に戻ってしまいます。

 

忙しくて中々ハミガキできない時などにあくまでも補助的にご使用ください。

 

数あるデンタルリンスの中でどれを購入していいか迷ってしまう…

 

という方には殺菌効果に優れたこちらのデンタルリンスをお勧めしています。

image

2016年6月13日 カテゴリ:歯の健康ブログ

唾液の検査

志津ココロ歯科副院長の天沼です。

 

志津ココロ歯科では虫歯や歯周病のリスクを調べるために様々な検査を行っています。

 

唾液の検査もその一つです。

 

唾液の検査では、お口の中にいる虫歯菌の強さ、虫歯のなりやすさ、歯周病菌の種類など

 

検査内容によって様々な情報を得ることができます。

 

検査方法は簡単です。

 

まず、ガムのようなものを噛んでいただきます。

IMG_8944

徐々に口の中に溜まった唾液を集めます。

 

次に専用の容器に採取した唾液をいれ待ちます

IMG_8939でた検査結果をもとに、患者さまの口の中の状態に合わせてカウンセリングを行います。

 

 

 

妊娠を機にお母様方にこの検査を進めることもあります。

 

虫歯や歯周病は感染症であり、子供の場合親から感染するリスクが高いことがわかっているためです。

 

私自身も子供に感染するリスクを減らそうとこの検査を受けています。

 

虫歯ができやすくて悩んでいる方はもちろん

 

妊娠中の方、小さなお子様がいらっしゃる方におすすめの検査です。

 

 

 

 

2016年6月10日 カテゴリ:子供の虫歯予防, 歯の健康ブログ

キシリトールについて

志津ココロ歯科

副院長の天沼です。

 

患者様にキシリトール摂取についてのお話をすると

 

「でも薬みたいでかなかなか抵抗が・・・」

 

という話になることがあります。

 

ご安心ください。キシリトールは薬物ではなくあくまで食品です。

 

薬ではないのでもちろん中毒性はありません。

 

また、2つの国際機関(FAO国際農業機関/WHO世界保健機構)によると「キシリトールの消費に特別な制限は不要」とされています。

 

つまり、『キシリトールを取るのは1日○○グラムまで』などの制限がないということです。

 

それだけ安心で安全な天然甘味料食品であるということが言えます。

 

糖を日ごろから気を付けていらっしゃる方には大切な事ですが、血糖値にも影響はありません。

 

しかし、摂りすぎるとおなかがゆるくなることがあります。

 

虫歯菌の抑制に必要とされる推奨摂取量範囲であればキシリトールは下痢の誘発にはならないという研究もありますので

 

安心して召し上がっていただければと思います。

 

志津ココロ歯科ではキシリトールの理想的な摂取の仕方についても

 

カウンセリングを行っております。

 

タブレットやガムをお選びになる際には、ぜひキシリトール100%の物をおすすめします。

 

IMG_8165

 

 

2016年4月25日 カテゴリ:子供の虫歯予防, 歯の健康ブログ

気になる口臭の話

あるアンケートによると

全国の10代から60代男女100名中

ご自身のお口のにおいを気にされている方は

33%という結果が出ました。

 

人間が感じるにおいは主に

卵が腐ったようなにおいの硫化水素

血なまぐさいにおいのメチルメルカプタン

生ごみのようなにおいのジメチルサルファイド

の3つに分けることができます。

 

口臭はこの3つの他、様々なにおいが混じって感じられます。

 

口臭の原因には原因となる病気がない「生理的口臭」と

何らかの病気の症状として口臭が現れる「病的口臭」に分けられます。

 

生理的口臭の原因で多いのが、舌の表面や歯についた汚れです。

 

定期的に歯科医院で口の中のケアをすることで

臭いの原因となる細菌の増殖を軽減することができます。

 

4月は新しい出会いの多い季節です。

 

口臭が気になる方は、新年度を前に

ぜひ一度歯科医院でお口のケアを受けてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

2016年3月18日 カテゴリ:歯の健康ブログ

歯ブラシ交換時期

こんにちは

 

志津ココロ歯科副院長の天沼です。

 

歯ブラシの交換時期

 

ご存知ですか?

 

歯ブラシの製造メーカーさんに問い合わせると

1か月に一回の交換を推奨しているメーカーさんが多いようです。

 

よく毛先が開くと交換と耳にします。

 

歯ブラシのヘッド裏側から見て毛先が見えるようなら交換してください。

 

というものです。

IMG_9795

 

ここまで開くと歯に歯ブラシをあてても毛先がきちんとあたらないので

 

せっかく時間をかけてお掃除しても上手く汚れが落ちません。

 

また、歯ブラシの毛先の材質はナイロンでできていることが多く

 

ナイロンは使い込むうちに弾力性が失われてしまいます。

 

弾力性がなくなると、やはり汚れは取りにくくなってしまうので

 

毛先が開いていなくても

 

弾力性がなくなる前に歯ブラシの交換をお勧めします。

2016年2月20日 カテゴリ:子供の虫歯予防, 歯の健康ブログ

歯並びが悪くなる原因を人間の進化から考える

オーストリア咬合学の仮説によると

 

人間が四足歩行から二足歩行に進化する過程で

 

歯並びは悪くなったと考えられています。

人間の進化

 

ヒトは重い頭を持ち上げ体の中心に乗せるために、前後的に広かった口の中を

 

小さくする必要がありました。

 

 

歯の大きさは変わらないのに口の中は狭くなった・・・

 

 

おおきい花壇に花を10本植えるのと狭い花壇に花を10本植えるのでは

 

おおきい花壇の方がゆとりを持ってきれいに並べることができます。

 

 

よく噛み、顎を育てることで少しでも歯並びの悪化を防ぐことができれば・・・

 

ココロ歯科ではよく噛む事と、口の周りの筋肉を鍛える事を治療の中でおすすめしています。

 

ご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

 

☆こちらのホームページでは当院で行われる矯正治療全般について詳しく掲載しています。

http://www.cocoro-kyousei.com/

 

 

2016年1月12日 カテゴリ:歯の健康ブログ, 矯正治療

印象に残る白い歯

先日東京八重洲にてセミナーを受講してきました。

 

今年最後のセミナーはホワイトニングのセミナーです。

 

 

今回受講してきたホワイトニングは従来のホワイトニングに比べ

つややかに仕上がるのが特徴です。(いつかこちらのブログで症例をご紹介したいと思います)

 

第一印象に残るものとして、特に白いものが印象に残るといわれています。

 

人の顔で白いものというと『目』と『歯』

 

目が印象に残るというのはイメージがわく方も多いと思いますが

歯もかなり印象を左右します。

 

 

白くきれいに並んだ歯は、清潔で美しい印象を残します。

 

ですので、歯の自然な白さもとても大切だと考えています。

 

安心して安全なホワイトニングの施術を受けていただけるよう、準備を進めてまいりたいと思います。

2015年12月21日 カテゴリ:歯の健康ブログ

1 2 3 4
初診予約・無料相談お問い合わせフォーム

このページの上に戻る

初診予約・無料相談予約・お問い合せフォーム

初診予約・無料相談予約・お問い合せフォーム

ベビーシッティングサービス

初診予約・無料相談予約・お問い合せフォーム

志津ココロ歯科・矯正歯科の診療表 休診日:火曜・祝日(土曜・日曜も夜8時まで診療)

当院はお待たせする時間をできるだけ少なくするため予約制とさせていただいております。お電話でご予約の上お越しください。尚、急患の方は随時受け付けております

診療内容診療内容

  • 虫歯治療
  • 歯周病
  • 矯正歯科
  • インプラント

アクセスマップアクセスマップ

志津ココロ歯科・矯正歯科の地図

大きい地図はこちら

志津ココロ歯科・矯正歯科のブログはこちらから

志津ココロ歯科・矯正歯科のfacebookページはこちらから

スタッフ募集

当院紹介動画当院紹介動画

シーンデンタルリサー