ブログ

 

なんでもよく噛んで食べられる人の脳の認知機能

志津ココロ歯科 副院長の天沼です。

 

平成27年「国民健康・栄養調査」によると

なんでもよく噛んで食べられる人の割合は

 

40歳〜49歳 :93%

50歳〜59歳 :85%

60歳〜69歳 :75%

70歳以上   :63%

という結果になりました。

歯の喪失本数を年齢別にみても50歳前後にお口の健康の曲がり角があり喪失本数が増える傾向にあります。

 

噛むことと認知機能は大変密接な関係があります。

噛むことで脳の中の血流が増えるので、認知機能が活性化されることがわかっています。

 

IMG_49CC403C6853-1

歯がほとんどなく入れ歯を入れていない人(自分が噛んでいることを脳が認識しづらい人)ほど認知症になりやすく

しっかり自分の歯で噛めている人ほど認知症を発症しにくいというデータがあります。

 

歯を失ってしまった方でも入ればやインプラントなどでよく噛むことで脳の活動を活発にすることが

できるのです。

 

2019年3月22日 カテゴリ:歯の健康ブログ

初診予約・無料相談お問い合わせフォーム

このページの上に戻る

初診予約・無料相談予約・お問い合せフォーム

初診予約・無料相談予約・お問い合せフォーム

ベビーシッティングサービス

初診予約・無料相談予約・お問い合せフォーム

志津ココロ歯科・矯正歯科の診療表 休診日:火曜・祝日(土曜・日曜も夜8時まで診療)

当院はお待たせする時間をできるだけ少なくするため予約制とさせていただいております。お電話でご予約の上お越しください。尚、急患の方は随時受け付けております

診療内容診療内容

  • 虫歯治療
  • 歯周病
  • 矯正歯科
  • インプラント

アクセスマップアクセスマップ

志津ココロ歯科・矯正歯科の地図

大きい地図はこちら

志津ココロ歯科・矯正歯科のブログはこちらから

志津ココロ歯科・矯正歯科のfacebookページはこちらから

スタッフ募集

当院紹介動画当院紹介動画

シーンデンタルリサー